私の場合は50代までガムシャラに働き、60を過ぎて思秋期が訪れました。サラリーマンより時期は10年ほど遅いけど、症状は同じだと思います。仕事が減って、勢いがなくなって不安を感じ、何をやっても面白くなくなった。

 思い出すのは、私の父も定年後、非常に不機嫌で怒鳴り散らす人間になったこと。3年ほど経ったら元の柔和な父に戻った。

 権限や権力を持つとか、自分を中心に物事が回っているとか、そういうことが男の誇りの源泉になる。『俺がいなきゃ困るだろう』と思ってやっていたのが、『いや、もうあなたの役目は済んでいますよ』と突きつけられると、男はアイデンティティを保てなくなって戸惑うんです

調査レポート 女性読者の皆様、怒らずに最後まで読んでみてください 男たちの思秋期「まさかあの人が痴漢」には理由があった  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] (via otsune)

出典: gendai.ismedia.jp



“イジメは証拠を揃えて弁護士に依頼するのマジ確実なので
これはもう常識化するべきですのよ。
ついでに訴状を
『教師の分は学校宛て』
『イジメ実行犯の分は相手の親の職場宛て』に届けると
効果が何倍かになるのでマジおすすめですの。”

Twitter / nezikure (via hutaba)

出典: twitter.com


“「アメリカの理工系の教授はみんな、100%、企業のコンサルティングをやっています。そのうち半分はベンチャー企業の経営者でもある。なぜならそういう人しか、大学が採用しないからです。そうやって旬の情報を学生に還元するわけです。いま起こっていることを学生に教える。だから学生も現場で起こっている生の情報を学べるわけです。

 でも日本は違いますよね。昔のことを永遠に教えている先生もいる。学生がかわいそうですよ。だから優秀な若者はどんどんアメリカに来ればいい。そういうふうな流れが当たり前になれば、さすがに日本政府も考えを改めるんじゃないですか。もしくは行くところまで行って沈没すれば目を覚ますかもしれない。半導体がダメ、テレビ業界もダメですから、システムを変えない限り、最後は自動車業界にまでダメになって、このままあらゆる業界がダメになっていきますよ」

中村修二氏からの忠告「このままじゃ日本は沈没する!」 (via haru012)

出典: blogos.com


ほとんどの企業で見落とされたのは、「成果を上げる人はいつも成果を上げ、成果が上がらない人はいつも成果が上がらない」という場合に、処遇を成果に連動させる仕組みが従業員にどのように受け止められるのか、という観点です。

 出来る人はいつも何をしても出来る。そうでない人はいつもうまくいかない。評価が高い人と評価が低い人が大体決まってしまっているとどうなるか。学校の通知簿と同じで、高い評価を得るたびにどんどんやる気になることも、低い評価をされるたびに危機感が増していくこともありません。給与が何倍にもなったり、クビになったりするほどの差があれば別ですが、そうでもない限りは、評価や処遇が良いにしろ悪いにしろ、それにすぐに慣れてしまい、毎度のこととして無感動・無関心になっていってしまいます。

 つまり、成果主義がみんなの頑張りにつながらなかったのは、「評価結果が固定化してしまっている」ことが原因です。「成果を上げる人はいつも成果を上げ、成果が上がらない人はいつも成果が上がらない」のであれば、処遇の格差を多少広げたって、その差はいつものことであってやる気にも危機感にも大した影響がないのは当然です。

Business Media 誠:成果主義がうまくいかなかった最大の理由 (1/2) (via igi) (via atm09td) (via gkojax-text) (via yaruo)

出典: igi


ほとんどの企業で見落とされたのは、「成果を上げる人はいつも成果を上げ、成果が上がらない人はいつも成果が上がらない」という場合に、処遇を成果に連動させる仕組みが従業員にどのように受け止められるのか、という観点です。

 出来る人はいつも何をしても出来る。そうでない人はいつもうまくいかない。評価が高い人と評価が低い人が大体決まってしまっているとどうなるか。学校の通知簿と同じで、高い評価を得るたびにどんどんやる気になることも、低い評価をされるたびに危機感が増していくこともありません。給与が何倍にもなったり、クビになったりするほどの差があれば別ですが、そうでもない限りは、評価や処遇が良いにしろ悪いにしろ、それにすぐに慣れてしまい、毎度のこととして無感動・無関心になっていってしまいます。

 つまり、成果主義がみんなの頑張りにつながらなかったのは、「評価結果が固定化してしまっている」ことが原因です。「成果を上げる人はいつも成果を上げ、成果が上がらない人はいつも成果が上がらない」のであれば、処遇の格差を多少広げたって、その差はいつものことであってやる気にも危機感にも大した影響がないのは当然です。

Business Media 誠:成果主義がうまくいかなかった最大の理由 (1/2) (via igi) (via atm09td) (via gkojax-text) (via yaruo)

出典: igi



“家がとても厳しくて、門限が6時の高校生でも、ちゃんと妊娠していましたし。親にセックスは夜するものという観念があって、帰りの時間を厳しくしておけば、「悪いこと」はしないだろうと思っていても、実際はこうなのですよ”

若い人は何時にセックスをするのでしょう。: 河野美代子のいろいろダイアリー (via 46187)

出典: miyoko-diary.cocolog-nifty.com




1 2 3 4 5